MENU

腸内環境を整えることは何故必要か

腸内環境の大切さ

最近では『腸美人』なんて言葉が生まれるほど、腸内環境を整えることの重要性が広く知られてきました。

 

腸内環境の良し悪しは、お通じだけでなくお肌の調子や体の健康そのものに大きく影響を与えます。

 

良い腸内環境とはどういうものか、何故必要か、詳しく知っておきましょう。

 

腸内環境っていったい何?

腸内に住むさまざまな細菌

人間の腸の中には、なんと100兆個以上の腸内細菌が住んでおり、それらは善玉菌(ぜんだまきん)と悪玉菌(あくだまきん)に大きく分かれます。

 

善玉菌は文字通り、人の体によい働きをする菌で、乳酸菌(にゅうさんきん)やビフィズス菌などが知られていますよね。

人の消化器官の内部は酸性に保たれているのがベストの状態なのですが、善玉菌は腸内で食物繊維やオリゴ糖を分解して乳酸を生み出し、腸内を酸性にする働きがあります。

 

また、善玉菌がたくさんいることで免疫力が高まり、悪玉菌の発生を抑えることができます。

 

腸内環境を整えるほか、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)をうながす働きもあり、スムーズなお通じのためには重要な存在です。

 

一方悪玉菌と呼ばれるウェルシュ菌や大腸菌は、たんぱく質を分解してフェノールやアンモニアといった有害物質を発生させ、腸内をアルカリ性にしてしまいます。

アルカリ性の腸は動きが鈍く便秘になりがちで、また腸の内容物が腐敗しやすく、ガスを発生させます。

 

これら二つの菌は、酸性とアルカリ性という真逆の性質をそれぞれ好むので、一方が増えれば一方が減る、という関係性があります。

 

腸内環境の良し悪しは、善玉菌と悪玉菌の勢力バランスが握っており、善玉菌が優位になっている酸性の環境が、よい腸内環境とされています。

 

よい腸内環境の下では腸の運動も活発に行われるため、腸の動きが鈍って起こる弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)の改善に、腸内環境を整えることは特に効果的です。

善玉菌を増やすためには

 

善玉菌のエサは?

腸内環境をよくするには、善玉菌の数を増やして善玉菌を優勢にする必要があります。

 

乳酸菌やビフィズス菌といった、善玉菌そのものが含まれている食品を積極的に取り、さらに食物繊維やオリゴ糖など、腸内で善玉菌のエサとなる成分をよく取るようにしましょう。

 

ヨーグルトなど乳製品のほかに、みそ、しょうゆ、キムチ、納豆、ぬか漬けなどが、乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食品として知られています。

 

日ごろの食事の中に積極的に取り入れるようにしたいものです。

 

一方、悪玉菌は高たんぱくや高脂肪の食品をとることで増えるため、外食続きの人や肉食メインの人は要注意です。

 

悪玉菌好みの食事に偏っていないか、改めて食生活を見直してみましょう。

 

また、悪玉菌はストレスでも増えてしまうため、十分に睡眠をとる、適度に運動をするなどしてストレス解消に努めることが必要です。

 

プロバイオティクスは継続的に取ろう

フジッコの善玉菌サプリメント

 

最近、プロバイオティクスという言葉を耳にする機会が増えました。

 

ヨーグルトの容器に書かれているのもよく見かけます。

 

この『プロバイオティクス』は、乳酸菌やビフィズス菌のように、腸内環境を整えてくれ、健康に役立つ害のない微生物のことを言い、食べ物やサプリメントでも取ることができます。

 

 

(画像はフジッコの善玉菌サプリ『善玉菌のチカラ』)

しかしたとえ生きたまま腸にたどり着いても、残念ながら彼らは永遠に腸に住み着くわけではなく、徐々に排出されて数が減ってしまいます。

 

腸内環境を改善したくて、食事やサプリメントでプロバイオティクスをとる時は、毎日続けてとることがとても大切です。

 

『今日減った菌を補充する』という気持ちで、続けるようにしましょう。

 

便秘の原因にはさまざまなものがあり、また複数の原因が組み合わさっていることもあるため、『これをすれば劇的に便秘が治ります!』とは一概には言えません。

 

ですが、腸内環境を整え、排便しやすい腸にすることは、便秘解消の第一歩として重要なことと言えるでしょう。

 

「PR」最強の便秘解消サプリメント
フィブロ製薬が販売する「イサゴール」は食生活で補いきれない食物繊維をしっかりと摂れる食物繊維のサプリメント。ストレスが原因の便秘意外な人にお勧めできる優れた健康補助食品です。

惑わされてはダメ!勝手にやってはいけない便秘解消法

便秘が劇的に改善する方法?

病院で行われる便秘治療法のひとつに、高圧浣腸(こうあつかんちょう)があります。

 

ヨーロッパでは数百年の歴史のある方法で、肛門に入れたチューブから腸内に40℃程度のぬるま湯を入れ、その水圧で排便をうながします。

 

腸内の便を出し切ることができるため、一見便秘改善に劇的な効果があるような感じがしますが、高圧浣腸だけでは便秘の根本的な解決にはなりません。

 

高圧浣腸は便を出し切ることで腸内環境(ちょうないかんきょう)をリセットし、便秘治療をするための土台を作る手段のひとつであり、便秘の治療そのものに劇的な効果があるわけではないのです。

 

この方法に頼りすぎていると、刺激性下剤(しげきせいげざい)に依存してしまう時のように、高圧浣腸をしなければ排便できなくなる危険もあります。

高圧浣腸の思わぬ危険性

高圧浣腸には習慣化のほかに、脳圧亢進症状(のうあつこうしんしょうじょう)と呼ばれる脳内の圧力が高まっている状態の人や、高血圧や心臓に病気のある人、動脈瘤(どうみゃくりゅう)のある人が安易に行うと、その症状が悪化する可能性もあります。

 

老廃物を一気に全部出してしまうため、それまで便で圧迫されていた腸壁(ちょうへき)の血管が広がって血流の変化が起き、脳の圧力が上がってしまったり、浣腸の不快感によるストレスで、末端の血管が収縮して血圧が上がり、心臓への負担がかかったり動脈瘤が破裂するおそれがあるのです。

 

また、固くなった便が溜まりに溜まった状態で行った場合、圧力で腸に穴が開いてしまう危険性もあります。

 

高圧浣腸を効果的な便秘解消法だと思い込み、器具を自分でそろえて自力で行う人がいますが、決して好ましいことではありません。

 

医療機関の場合は、医師としっかり話し合った上で専門のスタッフが行ってくれますが、自己判断で家庭で行う場合は非常にリスクの高い方法と言えます。

必ず医療機関へ相談する

高圧浣腸は、その効果とともにリスクもある方法で、本来医療機関で行われている治療法です。

 

希望する場合は必ず医療機関へ相談し、適切な処置をしてもらいましょう。

 

ただし、高圧浣腸を行っている医療機関はあまりありません。
処置に手間がかかるわりに、便秘治療に劇的な効果があるわけではなく、保険点数も低いので、医療機関と患者さんの双方にあまり大きなメリットがないからです。

 

腸内環境が乱れに乱れ、一度すっきりと全てを出してリセットしてから便秘治療をしたほうが良い、という場合に、適切な範囲で行うものと考えておきましょう。

 

便秘の改善方法

・食生活|・生活習慣改善・食物繊維・運動とマッサージ

 

腸内環境に関する知識

・停滞腸|・結腸反射